交通事故と示談とは

交通事故と示談とは

 交通事故発生から、保険会社を通じて被害者自身が示談交渉するのが基本的な流れです。
示談では過失割合や慰謝料などの損害賠償額について、交通事故での被害者と加害者(主に保険会社)が話し合いますが、損害賠償額を算出するためには豊富な専門知識を必要とするため、被害者だけで交渉に臨んだ場合と、専門家を通した場合では請求額が大きく違ってきます。
本来なら賠償請求できるはずの金額を知らないまま示談するし損をしてしまう事を避けるために、慰謝料・損害賠償などの法律の専門家に相談します。

交通事故の過失割合とは

 交通事故には起きた原因が必ずあり、その割合を過失割合と言います。
過失割合を簡単に説明すると、誰にどれだけの過失(不注意による注意義務違反)があるのかを数字で表したものです。
交通事故は車両同士のものだけでなく、歩行者や自転車、バイクなどが加害者、又は被害者になる場合もあります。その為、過失割合の数字は交通事故の相手や状況によっても変わります。過失割合は示談交渉や、慰謝料の請求に深く関わるものですが、過失割合の算出は専門的な知識が無いと分からないのが現状です。