一時停止後進入 【いちじていしごしんにゅう】

一時停止後進入【いちじていしごしんにゅう】とは、一時停止規制側の車両が一旦停止位置において停止したとしても、直ちに適用されるわけではなく、一時停止規制側の車両が左右を見て交差道路を進行する車両の接近を認めたが、その速度と距離の判断を誤って低速度で交差点に進入し、減速しなかった相手方車両と衝突したという事故態様を想定することです。

用語集へ戻る