後遺障害の異議申立 【こういしょうがいのいぎもうしたて】

後遺障害の異議申立【こういしょうがいのいぎもうしたて】とは、後遺障害が残った場合,等級認定(別項参照)を受けることになりますが,仮に満足のいく認定結果が出なかった場合には,異議を申し立てることができることです。

異議申立てに回数制限はありません。とはいえ,前回認定時とは異なる医学的資料を補充しないと,結局は同じ判断がなされてしまう可能性が高いので,レントゲン,MRIを受けたり,その他の検査を受けたりする必要があります。

用語集へ戻る