過剰診療 【かじょうしんりょう】

過剰診療【かじょうしんりょう】とは、賠償金として認められる治療費は必要かつ相当な実費とされています。
ですから,医学的な必要性,あるいは合理性が否定されてしまう診療行為(過剰診療)の場合,賠償が認められないことがあります。

用語集へ戻る